FC2ブログ

そらまめの会

腎細胞癌及び腎盂癌患者とその家族の交流の会です。交流会のお知らせ及び報告、様々な情報を発信します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

免疫療法の奏功率について

 免疫療法の目的は,第一に,転移巣を有する例を対象にする治療目的と,第二に,ある程度進行した例に腎摘除術後の再発予防に用いる目的があります。
 奏功率はつぎの表の通りです。
この表をみると、第一の転移は肺に効果が高いようです。また、第二の目的である再発予防はあまり効果が見られないようです。また、IFN-αと5-FUとIL-2の3者併用療法は,39%と非常に高い奏効率であり,今後に期待されるが,副作用に耐えられ継続投与が可能であるかが大きな問題であるそうです。

表1 腎細胞癌に対するBRM療法の奏効率
  レジメン      奏効率
 IFN-α         16%
 IFN-γ         13%
 IL-2          15%
 IFN-α+IFN-γ     15%
 IFN-α+IL-2      19%
 IFN-α+IL-2+5-FU  39%
 IFN-α+vinblastine   21%
 IFN-α+cimetidine   41%

表2 各転移別奏功率
 臓器    IFN-α   IFN-α+IL-2+5-FU
 肺     20.9%     48.8%
 肝     6.3%     27.8%
 リンパ節  9.5%     32.3%
 骨     7.1%     35.7%
 腎     5.0%     ―
 局所再発          33.3%

IFN  インターフェロン
IL-2  インターロイキン2
5-FU フルオロウラシル(fluorouracil)フッ化ピリミジン系の代謝拮抗剤で、抗悪性腫瘍薬(抗がん剤)

癌診療Q&A 腎癌、腎盂・尿管癌、膀胱癌 医薬ジャーナル社
Q23 免疫療法の適応と意義は? 木内 利明 より引用させていたしました。
スポンサーサイト
別窓 | 免疫療法 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| そらまめの会 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。