FC2ブログ

そらまめの会

腎細胞癌及び腎盂癌患者とその家族の交流の会です。交流会のお知らせ及び報告、様々な情報を発信します

第3回関東地区交流会記録第11弾「質疑応答」

     第3回関東地区交流会記録 第11弾

メダカさんの講演の第10回

●質疑応答

:カンタロウ妻さん
・テレビで(鳥越さんが)左も右も部分切除したと聞きましたが、どうでしょうか?
:メダカさん:
 どこの場所かによります。結構奥の方になると難しい。肺の表面に出来た場合、部分切除できる可能性があるようです。また、先生の考えによるところもあります。空気が漏れやすくなるリスクがある。腕や経験でこれなら切除してもいいかなという判断をする先生ならやってくれる人もいます。
 先生の腕と出来た場所によって変わります。ラジオ波でやったのと同じくらいの損失ですむかもしれない。 表面にがんができる人は少ないですね。転移の場合とで、だいぶ違うと思います。
 鳥越さんは直腸がんからの転移ですよね。一緒じゃなくて、半年ずれで転移してますよね。表面上だと気管支部分が関わらないので、とりやすいと思います。単発での転移でないと手術はしないと思いますし、条件がよかったんだと思います。

:ミウラ:
・総論的な質問ですが、腎臓がんは肺に転移しやすいのですか?腎細胞癌と腎癌は同じことですか。正確に言うと、腎細胞がんが正しい。
:メダカ:転移しやすいがんの率。資料で言うと、肝臓がん、乳がん、腎臓がん、腎盂がん、胃がん。これらのがんは肺に転移しやすいという特徴があります。大腸がんもあるが、膀胱、進行すれば腹膜にも転移することが多いです。全体で言えば、腎臓癌、胃がん、乳がんは肺に転移しやすい。腎臓癌は肺に転移しやすいのは医者に聞いたところ、腎臓は血の流れが、がん細胞が血流、血の流れが多いところで細胞が運ばれやすい。なので、肺に転移しやすい。次に多いのが骨です。進行すると肝臓や脳にもいく。ここも血流が多いところですね。私は副腎にも転移しました。血の流れが多いところに転移します。

:会場から:
 リンパ節をとったことで流れが悪くなると聞いたことがありますが。
:メダカ:
 リンパ節は網の目ようになっていますので、リンパ節をとても流れが途切れるわけではない。乳がんでリンパ節を一緒にとると、リンパの流れが悪くなる。すると足だけむくんだりするそうです。縦隔という肺に関してはリンパの流れが非常に多いので、足がむくんだりということはおきないと思います。
 リンパ節は全身をめぐるので、どこかを取るとダメ、というのはある。例えばわきとか。肺に関して、縦隔は外科の先生にきくと、リンパ節をとっても、影響は少ないはず。頭がむくむことを心配しましたがそれは絶対無いです。腰などのリンパ節を取ったら違うので分からないけれど、胸に関してはおきないと思います。

次回からは抗がん剤の話で「抗がん剤は毒という認識」です。
別窓 | 交流会 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<第3回関東地区交流会記録第12弾「抗がん剤は毒という認識」 | そらまめの会 | 第3回関東地区交流会記録第9弾「多発転移の場合」>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| そらまめの会 |