FC2ブログ

そらまめの会

腎細胞癌及び腎盂癌患者とその家族の交流の会です。交流会のお知らせ及び報告、様々な情報を発信します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

がんワクチン「Oncophage」が欧州で腎細胞がん対象に承認申

「がんナビ」による情報です。

 米Antigenics社は10月22日、限局性腎細胞がん治療薬として、「Oncophage」の条件付きの販売承認申請を欧州医薬品審査庁(EMEA)に提出したと発表した。承認されれば、欧州で最初の治療用がんワクチンとなる。
 Oncophageは患者自身の細胞から作られるワクチン。今回の申請には、腎細胞がんにおける術後補助療法の大規模フェーズ3臨床試験に加え、14件の臨床試験のデータも提出された。
 今年4月、Oncophageは再発リスクが中程度の腎がんに対する術後補助療法としてロシアで承認された。欧州では2005年に希少疾病用医薬品に指定されており,欧州での10年間の市場独占権が認められることになっている。
 腎がんのほか,転移性黒色腫のフェーズ3試験や再発性神経膠腫(グリオーマ)のフェーズ1/2試験も行われている。
(八倉巻 尚子=医学ライター)

がんワクチン「Oncophage」が欧州で腎細胞がん対象に承認申(2008.10.27)による


別窓 | ニュース | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<既治療転移性腎細胞がんにソラフェニブとIL21の併用が有望 | そらまめの会 | 第3回関東地区交流会記録第17弾「6年間のがん治療の経験からの心得」その2>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-03-04 Wed 15:14 | | #[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| そらまめの会 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。