FC2ブログ

そらまめの会

腎細胞癌及び腎盂癌患者とその家族の交流の会です。交流会のお知らせ及び報告、様々な情報を発信します

がんを恐れない社会を目指す がん啓発サポートキャンペーンに参加しませんか

 エイムの窓口さんのブログで紹介されていたリレーフォーライフの紹介をします。

「リレー・フォー・ライフは、1985年にアメリカ・ワシントン州シアトル郊外で、アメリカ対がん協会のゴルディー・クラット医師が始めたイベントです。
 マラソンが得意なクラット氏が大学の陸上競技場を24時間回り続けるなか、友人たちは30分間、クラット氏と一緒に回るごとに25ドルずつ寄付しました。その結果、1日で2万7千ドルが集まりました。
 参加者を増やすために翌年からは医師、患者やその家族、友人が数人ずつのチームを組むリレー形式になりました。24時間歩き続けるなかで、参加者の間にがんと闘う連帯感が生まれたのです。
 がん征圧を目指すための資金集めが目的ですが、単にそれだけではなく、地域社会全体でがんと闘うための連帯感を育む場としてリレー・フォー・ライフは大きく広がり、現在では全米4000カ所以上、世界20カ国以上で行われるようになりました。
 開催方法は各地域の実情に応じて様々ですが、共通するプログラムとして「サバイバーズ・ラップ」(がんと闘う人たちの勇気を称え、がん患者やがんを克服した人たちが歩く)、「ルミナリエ」(がんで亡くなった人たちを偲び、一人ひとりの名前を記した紙袋の中にろうそくを灯して並べる)などがあります。ほかに会場によっては、バンド演奏、ゲーム、バーベキューなど多彩なイベントが繰り広げられています。」とのことです。

 今年は、8月末 北海道・室蘭からから始まり、つぎは9月12~13日には宮城で行われ、全国13カ所で行われるそうです。
 興味がある方はリレーフォーライフを見て下さい。
別窓 | ニュース | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<進行がんに対する情報 | そらまめの会 | 進行性腎がんの治療薬としてエベロリムスが欧州で承認>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| そらまめの会 |