FC2ブログ

そらまめの会

腎細胞癌及び腎盂癌患者とその家族の交流の会です。交流会のお知らせ及び報告、様々な情報を発信します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

グループで話した内容

 まさこさんから第1回「そら豆の会」のグループ討論の様子をいただきました。参考にしてください。

 第1グループでは疑問に思うことなどをざっくばらんに話しました。
メダカさんや臨床検査MRの資格を持つゆいさんから情報提供があったので紹介します。
■メダカさんからのアドバイス
【腎臓が片方になった場合の人工透析の心配は?】
・腎不全なるときは片方ではなく、両方の腎臓がなる可能性が多い。腎臓は比較的丈夫な臓器で一つでも大丈夫
・腎不全(腎臓に障害がある方、のう胞のある方)が癌になった場合は、ラジオ波で温存するなどの手段がとられることが多い。
・部分切除の場合は血液がもれるという話もある

【医師とどのように付き合うか?セカンドオピニオンについて】
・大学という構造の中では医者個人の判断ができない。医局の方針の中でスタンダードな治療をすることが多く、柔軟性がない。
・一般的に、学会、ペーパー出してる先生は患者と向き合ってないケースが多いようだ
・メダカさんが信頼して付き合っている先生は、病状が悪いのをカルテでみて、自分の担当日でもない翌日でてきたという先生。3年間以上のつきあいになる。結局、医者と患者も人と人のつきあい。
・先生を変える方法が必要。はっきり「考えが合わない」というと代わりの先生を紹介してもらうこともできる。新しい先生がはいるときなどがよいタイミング。
・自分の考え方を正しく伝えることが重要。そのためには自分も勉強しないとだめ。効果、デメリットをちゃんときかないとだめ。質問したときに、「よく勉強されてますね。私も検討しておきます」といってくれる先生がよい

【放射線の先生と仲良くする】
・同じ科でも先生によっては得意分野が違う。放射線科の先生がどの先生がよいかをとてもよく知っている。
 放射線科で画像診断をお願いし、この病気でこの症状だったらどの先生がいいかを相談する。院内紹介。
・だんだん検査の先生のほうが重要になってくる
・転移がなければ泌尿器科だが、転移したら科が変ると思ったほうがよい。
・メダカさんは放射線科の先生が主治医。現状では3箇所行っている。複数の先生の判断が重要。泌尿器は2,3ヶ月に1回報告のみ

【検査は一つの病院ですること】
・一つの病院で検査しないと、検査基準が変わってしまうので、変えないこと。
・同じ画像でも診断結果が違うことがある。患者に言う基準が違う
・先生にお願いしてCDなどに焼いてもらうのがよい

■臨床検査のMRの資格をもつ、ゆいさんからのアドバイス
【血液検査、尿検査について】
・血液検査は再検査したほうがよい。
・装置はよく壊れ、ポカ値の場合もある。頻繁に検査すること。
・血液よりは画像診断がよい
・血液検査の結果は変わるもの。病院によって1回のところと、3回測定のところがあるが3回のほうが信頼できる。
 血液検査は何回測定かきく
・装置でなく、技師さんが目でみる検査項目(血算)は信用できる。
・尿検査は、あまり意味がない。食べ物、飲み物。疲れが影響

・腎臓の最新医療
 腎臓再生の研究(マウス、モルモットで自分の血球から作る)
 再生医療も進んでいる。10年先ぐらい。

以上です。
別窓 | 交流会 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<サイトカイン療法について | そらまめの会 | 転移性腎細胞がんにおける低用量インターフェロンα2a+ベバシズマブで高い有用性>>

この記事のコメント

すみません。私の勘違いがあったので、訂正します。
腎臓の再生はマウスでは成功しているらしく、幹細胞から作られているそうです。また10年後というのは、人の腎臓再生が可能になりそうな時間で、それが臨床に使われるのはまだ先だと思います。
また、血液検査の測定回数ですが、今はどこも一回測定が多いそうです。ですから、もし異常値がでても一つの値で判断するのではなく、全体的な結果で判断していると思います。
例えば、肝臓が悪い場合、γ-GTP,GOT,GPTなど他にも項目があるのですが、このうち、一つだけ異常値でも他が異常なければ大丈夫です。ですから、血液検査の結果で、異常があったからといって慌てるのではなく、担当の先生とよくお話された方がよいと思います。
そして、尿検査ですが、確かにあまり意味がない場合が多いですが、重要な場合もあります。一般の的な尿検査では行わなくても、膀胱や、腎臓の検査には重要です。
先日は言葉足らずなところが多々あって申し訳ありません。
2007-10-13 Sat 15:42 | URL | ゆい #-[ 内容変更] | top↑
もう一つ訂正です。
私が持っている資格は正確には『臨床検査薬情報担当者(臨床検査薬MR)』です。
2007-10-13 Sat 15:47 | URL | ゆい #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| そらまめの会 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。