FC2ブログ

そらまめの会

腎細胞癌及び腎盂癌患者とその家族の交流の会です。交流会のお知らせ及び報告、様々な情報を発信します

サイトカイン療法について

サイトカイン療法とは、その名の通り免疫細胞の伝達物質サイトカインを使って免疫機能全体を強化する治療法です。

サイトカインには実にたくさんの種類があることが発見されていますが、このなかで「インターロイキン」と「インターフェロン」という物質を使います。2つともガン免疫療法ではよく使われる物質です。

インターロイキンを使う場合は「インターロイキン2」や「インターロイキン12」を投与します。これによりNK細胞やT細胞の力を全体的に高めていきます。サイトカイン療法では他にもインターフェロンを使うケース、いずれも使用せず腫瘍を壊死させるケースと様々です。

サイトカイン療法は伝達物質の大量の投与が必要で、それには激しい副作用も伴うために現在でも補うための研究が続いています。

つぎの「ガンを克服する免疫療法のすべて」のホームぺーに載っていました。
サイトカイン療法


別窓 | 免疫療法 | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨
<<インターフェロン | そらまめの会 | グループで話した内容>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

インターフェロンインターフェロン(Interferon:IFNと略す)とは、動物体内で病原体(特にウイルス)や腫瘍細胞などの異物の侵入に反応して細胞が分泌するタンパク質。インターフェロンウイルス増殖の阻止や細胞増殖の抑制、免疫系および炎症の調節などの働きを示し、サイ …
2007-10-14 Sun 11:14 免疫学の知識
∧top | under∨
| そらまめの会 |