FC2ブログ

そらまめの会

腎細胞癌及び腎盂癌患者とその家族の交流の会です。交流会のお知らせ及び報告、様々な情報を発信します

エベロリムスは分子標的薬無効腎がんの進行リスクを70%低減

「がんナビ」による情報です。

 スイスNovartis社は2月28日、mTOR阻害剤であるエベロリムス(RAD001)が、他の分子標的薬が有効でなかった進行腎細胞がんを対象にしたフェーズ3臨床試験で、疾患増悪のリスクを70%減少させることが明らかとなったと発表した。試験結果の詳細は5月30日からシカゴで開催される米国臨床腫瘍学会(ASCO)で発表される。
 疾患増悪のリスクを低減させたフェーズ3臨床試験は、RECORD-1(REnal Cell cancer treatment with Oral RAD001 given Daily)と呼ばれている臨床試験。中間解析で、プラセボ投与群に比べて有意にPFSの延長が確認されたことから、有効中止となった試験だ。RECORD-1の結果、無増悪期間はプラセボ群が1.9カ月だったのに対して、エベロリムスを投与された群は4カ月で、進行するリスクを70%減少させた(ハザード比0.30 95%信頼区間 0.22-0.40 p<0.0001)。RECORD-1試験は12カ国で400人以上の進行腎細胞がん患者を対象に実施されていた。
 RECORD-1試験には、ソラフェニブやスニチニブのような腎細胞がんを対象に承認されている治療薬の投与を受けたにも関わらず、がんが進行した患者が含まれていた。さらに、ベバシズマブとインターフェロンの併用を受けた患者もいた。
(横山 勇生)

エベロリムスは分子標的薬無効腎がんの進行リスクを70%低減(2008.05.21)による

別窓 | ニュース | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<第2回名古屋地区交流会の申し込み受け付け開始しました | そらまめの会 | 先輩患者からのアドバイス「あなたはひとりではないよ」>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| そらまめの会 |