FC2ブログ

そらまめの会

腎細胞癌及び腎盂癌患者とその家族の交流の会です。交流会のお知らせ及び報告、様々な情報を発信します

インターフェロン

インターフェロンについて

 IFN-α(インターフェロンα)は腎細胞癌患者に最初に用いられたサイトカインであり、その作用機序はガン細胞の増殖抑制といった直接作用と、HLAの発現増強に伴う細胞障害性T細胞への感受性の上昇やnatural killer(NK)細胞の活性化といった免疫系を介した作用が考えられている。これまでの報告から腫瘍縮小効果は単剤でおおむね15%とされ、有転移症例に対する前向きのランダム化試験でVLBと比べて有意に生存期間の延長が示された。本邦での一般的な使用料は1日1回300~600万国際単位を皮下または筋肉内投与し、これを導入期には週3回から連日行う。INF-αの投与は自己注射が保険適用になっているので、維持期には週2~3回自宅で行うように指導することが多い。有害事象としては発熱が必発であるが、NSAID(解熱剤)の予防投与でコントロールできることが多く、徐々に順応して発熱しなくなることが多い。

主な有害事象とその対策

症状別
1 悪寒・発熱
 解熱剤(NSAID)の投与。発熱などのインフルエンザ様症状は個人差がある。発熱は投与後数時間以内で37℃台から40℃に達するまでさまざまであり、ほとんどは投与当日のうちに消退する。3~5日で次第に軽減する。

2 白血球減少
 末梢血 2,000/μLまでh無処置で観察。さらに低下する場合は、投与量の減少または投与回数を減らす。

3 脱毛
 対症療法

4 肝機能異常
 肝庇護剤の投与。

5 発疹
 軽度であれば経過観察、抗ヒスタミン薬の投与。

6 うつ病
 自殺企画の可能性もあり、原則として投与中止。

7 自己免疫疾患
 甲状腺機能亢進症、関節リウマチなどの発症をみることがある。

「新・泌尿器悪性腫瘍ポケットマニュアル」(赤座 英之著 メディカルレビュー社2006年2月10日発行) による。
別窓 | 免疫療法 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<インターロイキン2 | そらまめの会 | サイトカイン療法について>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| そらまめの会 |