FC2ブログ

そらまめの会

腎細胞癌及び腎盂癌患者とその家族の交流の会です。交流会のお知らせ及び報告、様々な情報を発信します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

第3回関東地区交流会記録第6弾「がんと闘うのでは引き分けに」

     第3回関東地区交流会記録 第6弾

メダカさんの講演の第5回

●がんと闘うのでは引き分けに

 現在、肺は残っています。だから今日歩いてきました。生活に不自由していない。縦隔(じゅうかく)リンパ節に半年後出ました。もう1つは2年半後です。
腹腔鏡というので手術できます。傷が小さいので、痛みはほとんどないです。
 全身麻酔の手術は右腎臓をとって、2回肺を開けトータル3回です。リンパ節の領域には放射線治療もしています。肺を3、4回開けるのは癒着の問題もあって、お医者さんも出来ない。がんと闘うのではなく、引き分けにもっていく。そうゆう治療をしました。
 ラジオ波ではピンポイントで焼けます。実は縦隔(じゅうかく)の前にも出ました。手術後1年ちょっとで転移しました。その前にリンパ節は手術が終わっていました。上葉に出たのはラジオ波で取りました。今さら手術ではないと思って。

次回は「転移したときに治療法を考えておくこと」です。
別窓 | 交流会 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<第3回関東地区交流会記録第7弾「転移したときに治療法を考えておくこと」 | そらまめの会 | 第3回関東地区交流会記録第5弾「ラジオ波の選択」と「多発性の場合」>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| そらまめの会 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。